2014年03月01日

そつぎょうしきっ!

小雨降る中、息子の高校卒業式。
昨晩「明日は早くいきたいから6時に起こして」と言われ
気になったのか、あまり眠れなかった母。
『主役は私じゃないのに・・・眠れない』と思いつつ
息子を起こして、朝ご飯後、雨の中車で学校まで送っていく(過保護!)
いったん自宅に戻り、自分の支度(化粧)して、バスで学校へ。
卒業式は10時から・・・ 
高校の卒業式って、一人ずつ証書貰わないのね。
名前呼ばれて、返事が聞けるだけ。
表彰されるような息子じゃないしね(苦笑)

「よくがんばったよなぁ・・・・ここまで・・・私」(爆)
息子もがんばったけどね、色々あったしね。
でも、私も頑張ったよ、誰かに褒めてほしいよ。正直。
卒業式が土曜日のせいか、夫婦連れ多し、兄弟連れも多々あり。
シングルになって寂しいのは、こんな時。
一緒に今日の喜びや今までの苦労を分かち合う「夫」はいないからね。
同級生の顔見知り家族もいるけど、こんな日はあえて声かけてほしくない。
式が終わると、すぐに外へ。
息子は、ホームルーム後、同級生とカラオケへ行くらしい。

式が終わるころ、ご近所いつものママ友から
「こっちは終わったよ〜」とライン。別の高校だけどね。
駅前の中華料理屋で待ち合わせ。彼女は高2の次女も一緒。
長女は息子と同じ卒業生だけど、やはりお友達とカラオケとか。
親二人と、高校2年生の3人で祝杯!
次女に「二人ともその洋服でここで飲んで平気?」と心配されたけど
我が家は次にこの服を着る機会はないし、OK!
煙臭くてもきにしないさっ!

で、2時間近く中華ツマミに昼から祝杯上げて、さっき帰宅です!


喜びや悲しみや苦労を分け合う「夫」はいないけど
一緒に乾杯して、笑って泣いてくれる「友」はいる。
それについてくる、かわいい娘もいる。
(この娘とは同じコンビニでバイトしている)
彼女たちと知り合ったのは小学校入学時の学童保育。
それから12年、運動会も授業参観も学童役員も
沢山の時間を一緒に過ごしてきた。
高校は違っても、乾杯できる人がいる。


私は、幸せだ。。。


卒業式、最後にブラスバンドに送られて退場する息子を見たとき
ちょっと、泣けちゃった。
やっぱり、頑張ってきたよ、私。今日は言ってもいいよね?
辛い時もいっぱいあったもん!
晴れ姿を一人で見送ったけど、一緒に喜んでくれる友もいて
お互いにねぎらいあったあとは、ほろ酔いになって、
浸ってもいいよね?

あと4年、学費払い終わるまで、今日の喜びを糧に
頑張れる気がします!

さて・・・寝ようかな。息子は夜まで帰らないし(笑)
帰ってきたら、卒業アルバム見ながら、また飲まなくちゃ!
posted by hitomi at 15:17| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
息子さんご卒業おめでとうございます。
そしてhitomiさん、お疲れさまでした。
本当に本当に偉かったですね。
立派です。
hitomiさんは頑張りました。
hitomiさんとはブログを通してのお付き合いですが
息子さんをおひとりで高校まで卒業させて
どんなにかご苦労があったかと思います。

イベントごとがあるたびに
私は世の中は結局夫婦が単位なんだなあと思っていました。
分かち合える夫がいない寂しさ、わかります。
でもこの喜びは全部全部hitomiさんお一人のものです!
まだ大学の4年ありますが
これからはどんどん息子さんが頼もしくなっていくことでしょう。
あ〜羨ましいですよ、hitomiさんには息子さんがいて(^^)
Posted by 雪 at 2014年03月03日 21:42
雪さん、ありがとうございます。

ホントに息子がいて良かったと思います。
居なかったら、こんなに頑張れなかったと思います。
そして、親の偉大さを知りました。
30位まで、自分が親になるなんて
思ってもみませんでした。

色んな人生があって、それぞれ喜びや悲しみがあり
「何」が正しいなんて答えは無いと思います。
自分がおかれた場所で、頑張るしかありません。
ただ、くじけなかったのは、息子のおかげです。

これからは、長い?老後に向かって
子離れもしなくてはなりません。

でも、その前に、学費稼ぎですね(苦笑)
Posted by hitomi at 2014年03月04日 06:08
お疲れ様〜!
ともかく、息子もそうだけど、自分も頑張ったぞ〜!と、
自分を褒めてあげてほしい。
自分自身を精一杯抱きしめてあげてほしい。
泣いたっていい。喚いたっていい。

おいらの息子は、ドロップアウトして、
フリースクールに行って、
それでも見守って、
専門に行かせて、
息子は、やっと目覚めて、
大学に編入して、
今、卒論のテーマで長野の山奥にこもっている。

人生の道なんて、それぞれ違う。
自分で切り開いていくもの。

解っていても迎合したい。大半の人間からはみ出すことが
怖いよね。

でも、いつかはその小道を歩む強さを身に付けなければ
ならない。ってか、身に付けなくてもすむ人生もあるの
かもしれないけど。

でもでも、そこまで辿り着いたら、見えなかった視界が
広がるのも確かなのです。

ともあれ、おめでとう〜♪
hitomiさん、お疲れ〜〜〜!ハグハグ^^


Posted by paw at 2014年03月15日 00:29
pawさん

放置でごめんなさ〜い!
花粉症がひどくって、目が!鼻がっ!!って感じの日々です(苦笑)

ハグありがとぉ〜!
この15年(離婚してから)色々思う事有り
生き方は様々あるけれど、
結構私は恵まれているよなって思ってて
あんまりシングルを意識したことはないのだけれど。
「卒業」って、特別なのかもね。
私も、子離れしなくちいけない季節になったわけだしね。

私が思うことは
「前を向いていれば何があっても大丈夫」
遅くても、回り道しても、後ずさりしても
前を向いてれば、あとは何とかなるだろうって
思っています。
背中見せて、今ある壁から逃げることもできるけど
逃げないで、そこでじっと待って力を蓄えるのも大事だと思う。

これからは息子とも
人間 対 人間 として付き合っていけるよう
ひそかに準備中です。


(しかし・・・現実は・・・お金ばかりが出ていくのですが・苦笑)
Posted by hitomi at 2014年03月18日 21:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。